スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打ち上げ花火ラストカット考察

ラストシーンの意味を考察してみたが、しっくりこない点があるのでおしえてほしい。花火の物理現象が狂うのでタイムリープよりも並行世界に移ったと考えるほうが自然か?

<うろ覚えだが流れ>
1回目:花火を見ずになずなが母親に連れ戻される、水泳で勝てていればと願う

2回目:なずなは電車にのるときに連れ戻される、花火を横から見て平らな状態(異常)、なずなと電車に乗れていればと願う

3回目:花火は散乱した状態(異常)、他人に見つかっていなければと願う

4回目:電車の進行方向が海の上になる、二人でいられればと願う



花火師が願い球を打ち上げて二人だけの世界(模様が入った世界)が爆発する→海の中に二人で入る→キスシーン
→典道「○○○(セリフ忘れた)」現実の世界に戻る解決策提示(一発だけ花火があがる=正常な花火)
→なずなが海の上方へ泳いでいき二人が分かれて「今度はいつ会えるんでしょうね」(散乱した花火があがる=異常な花火)

→先生の点呼の際になずなの名前はない=転校?、典道は席にいない=駆け落ち?

願い玉がはじけたとき、なずなは東京で二人で暮らすifをつかんでいたので二人は東京に駆け落ちしたのだと思った。
2回目のループの時に典道「これは間違った世界だ」というセリフからもifの世界に逃げ込まないように考えており、海の中でもなずなに現実に戻る提案をした。なずなはそれを拒み、半ば無理だと悟っている(水商売、アイドル、東京の生活)のifを選択して海の中で典道と別れた。よって、ラストシーンで典道がいないのは、なずなを追いかけてフィクションの√に進むバッドエンドになったのだろう。ラストシーンは蛇足であり、海のシーンで終わりでも良い気がする。

しかし、夏休み中に二人が駆け落ちしたとすると点呼まで先生が知らないでいるということが不自然だ。始業式当日駆け落ちした説も考えられるが、なずなの転校は夏休み中という設定だったのでおかしい。(不思議な力で歪められた?)二つの影があったという話も聞いたが見逃した。
あるいは、タイムリープではなく並行世界に移ったのだとすれば、二人のいない1つ前の世界を映しだしたのがラストカットだとも考えられる。

<玉の発動条件はエネルギー?>
願い球はエネルギーが臨界点に達すると発動する説。よって投げ飛ばしたときにエネルギーが高くなって発動した。打ち上げ花火として使った際には、打ち上げ+分裂という最高にエネルギーが高い状態なので様々なifストーリーをみんなに見せたし、今まで以上の改変も可能にした。

<追記8月22日>

なずなはリープを繰り返している説
→「今度典道君と会えるのはどんな世界かな」「勝つのは典道君だと思った」→玉の所有権が典道に移っていたときはリープの記憶を失っていたが、玉がはじけたときに記憶が戻ったと考えられる

なずなの転校(引っ越し)のタイミングは花火大会の日←無理やり母親に連れていかれたのは引っ越しのため
→最終カットでは転校済、出席簿からも名前が消されている

ラストシーン2つの可能性とタイトルの意味
『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』
下からというのは通常通り見上げて花火を見る、あるいは海の中からみることである。横から見るのは高台からみる、あるいは花火は球状で横(平べったい花火)は存在しない。

1.花火打ち上げとともに玉と二人だけの世界は壊れ二人は現実に戻ってきた、なずなは転校し主人公はなずなを追いかけて転校先に向かう
・打ち上げ花火は下から見ても横から見ても丸いから変わらない→リープを繰りかえしても現実を変えることはできない→変わらない現実の中で、存在しない横からの花火を見ようと現実に抗うという意味

2.海のシーンでなずなはifの世界の記憶を取り戻し、並行世界にいく決意をする。あるいは典道に再度リープを繰り返して自分をさらって欲しいと誘惑したとも考えられる(今度典道くんと会えるのはどんな世界かな?)。ラストシーンは二人が平行世界に飛び立っていなくなった後の世界を映している。
・打ち上げ花火は下から(海の中)から見ると水面に映るので平面→平面の花火は虚構の象徴(cfうちわの花火)→二人とも水面から見ているのでifの世界を繰り返す暗示(東京で生活する√になるまで繰り返す)、あるいは虚構の世界から出られなくなってしまった(実質的駆け落ち)という意味。→ループをするごとに花火が異形になったり空間に模様が出ることから世界がどんどん異常になっていくように思われる→ループから抜け出せないバッドエンドの可能性が高いか?

タイトルには現実に戻る、虚構を繰り返す、2つの可能性が示唆されておりラストシーンは確定できない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tihoufree

Author:tihoufree

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
麻雀ブログへ
カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。