スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チートイの優位性補足

東一局から役牌を一鳴きして1000点をあがったり、リーチに対してはシャンテンからは押さない
丁寧な麻雀の対義語として、粗暴でゴリゴリと押すトップ取りの打ち方を「ヤカラ打法」名づける。
前者のようなうち方は正しく評価されにくく、押し気味の打ち方は対局中は強く感じるという理由はあるにしても、
実践強者はヤカラ打法なのではないか?
雀荘のヤカラは牌効率はそこそこで、シャンテン押しも多いのだけど何故か強い。
天牌に出てくるキャラも半分以上はヤカラだ。
そういうわけで、ヤカラ打法の項を作った。

チートイorトイトイの補足
例えば開局で8000点をあがったAの親のとき、自分がトイトイで仕掛けても親は降りることが多く、
現実的には脇からの5200で差をつめるだけ、あるいは脇の押し返しのリーチに振ることが多くなる。
自分ひとりが抜き出た状況を作るのがトップ取りの作戦でありヤカラ打法
抜き出た点数は脇が2着狙いに切り替えやすくなるからだ。
逆に自分が2着以下のときはトップの独走を許すのは好ましくない。
今回のケースならばリーチをかけて親にかぶせにいくことで、自分がトップになることに加えて、
2着と3着の点差をつめることにもなる。(2着狙いの妥協した上がりを誘発させやすくなる)
また、ラス目の満貫ツモでもトップとの差が2000点縮まるわけで、それはそれで構わない。
問題は2着マンツモで上二人が抜けてしまうと、場が軽くなる可能性がある。(オカルトな行)
少なくとも3着の自分の親を蹴りにこられると厳しい。

ダマワンツーはダマ
ダマ8000もダマ
基本はそう思うが、かぶせる局面はリーチ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tihoufree

Author:tihoufree

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
麻雀ブログへ
カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。