スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東山公園 e雀

新年明けましておめでとうございます。
本年も良い年にしたいものです。

親が満貫ツモるとトップ終了、2600オールならば3着
役牌と789sでチーが入っている。
ドラは發、自分トップ。
自分は發を二枚もっていたが一枚目をスルーしてあわせて一枚きった。
その後親から2sの手出しが入ったので發の単にして4000オール終了を狙いにいったのだと思った。
そのまま發を抑えて流局した。偶然發単に誘導できてうまくいった。
この場面で一番怖いのは發の単か赤5sを持っていての4000オール終了だが、發単の確率が高いと思った。
發は親の対面(A)が切って自分が2枚もっているので、山に残り一枚で赤5sと同じ確率だが、
發を勝負したAの手はそれなりにまとまっていて高打点だと思う。(ここに赤が固まっていたのではないか?)
また、残り一枚の發は親以外使い道がないが、赤5sは事前に積もっているパターンもその後のツモでも
ターチャは当然手のうちに残している可能性が高い。
自分は見えているので無視して考えて、親が發単である可能性は赤5sがらみの少なくとも3倍(3人中一人)
それまでのツモで發を親だけが残し赤5sはターチャも残すことを考慮すればさらにそれ以上の確率。
もちろん2600オールや2000オールの手もあるだろうけどその場合は問題ないので無視している。

確率の計算が正しいかは分かりませんがなかなかナイスプレーだったので紹介しました。

追記
發切らずに2枚もってたほうが、より發単に親がしてくれやすくなる。
また、2枚切って發単をあきらめさせることで2600オールで妥協してくれればその方がいい。
須田プロの漫画に出てくるような場面だったなと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

發をポンしなかったのは自分の手がまとまっていなかったのと、
親がトップをあきらめてソウズ待ちにしたのに赤5sをひょっこり積もられるのが嫌
だったからです。
しかし、發は合わせ打たずに自分の手に2枚抱えるほうがより親を發単に誘導できたとは思うのですが、そのときはそんな考えはなく、發をあわせることで親の手は安いから攻めてほしいと思っていました。
プロフィール

tihoufree

Author:tihoufree

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
麻雀ブログへ
カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。