スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬鹿勝ち

負けてるときに理不尽を感じることは多いものだが、勝っているときに感じることはほとんどない。
勝った私がそう思うのだから同卓者はさぞや理不尽に思ってくれただろう。

4-1-1-0(勝った4回はデカトップ)

3着に終わったハンチャンは自分のヌルさがあった。

南2局、自分1万5千点(ラス)、トップ4万点、
3着の親が東とドラ含み234チーの仕掛け、
親ツモ切りが続く中で8マンが手出しで出てきた。
自分が良形イーシャンテン赤赤とはいえ6マンは止めたほうが良かった。
結局6マンで5800に振り込んで、その後吹いたにも関わらずトップを逃すことになった。
ダンラス時は押しすぎるキライがあるのだが、親が残っているなら抑えても良いかもしれない。

オーラス自分親、3着と僅差の2着、トップとは1万点差、3本場(場1500)
トップから3ワンのカンが入り数順して6マン切りリーチ(8マンはツモ切り)。
こんなの566の形から6切りのリャンメンだと確信。
4マンを切るか5枚使いの4-7ソーを切るか。
34556p445r5777s44m
終盤のアンコ筋、特に真ん中は大分危険だと思う。
4ソーを切って放縦。
思えばピンズを払う選択肢もあったし、5ソー切りもあった。
2900直、1000は2500オールツモでトップなのだからゲンブツの5ピン切りから3ピン勝負が良かった気がする。

あんまり麻雀の話をすると下手がばれるのでこれくらいで失礼。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tihoufree

Author:tihoufree

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
麻雀ブログへ
カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。