スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タバコ 増税

飲む(酒)、打つ(麻雀)、買う(女)の3つの遊びがあるが、タバコはこの全てと相性が良かった。
images (1)

ノーマーク爆牌党「今やタバコを堂々と吸えるのは喫茶店と雀荘だけ」と当時から文字通り煙たがられていたようだ。
連載から20年がたった今、スタバでは吸えず、禁煙雀荘も増え、女性受けも悪い。
3つの遊びのお供であったタバコは、今や迫害される存在だ。
そんなタバコ迫害に更なる追い討ちをかけ、1000円への増税が検討されている。
麻雀仲間は守って当然。オリンピックとマナーにかこつけた理不尽な主張を論破していく。

1、オリンピックだから先進国合わせる 
外国のスタンダードである1000円に統一しようというわけだ。重要なのは1000円への増税が妥当であるかの検討である。外国の例を出す輩は、福祉の話題でフィンランドを出しアメリカを出さない。一方で、スポーツの話題となれば、アメリカを出してフィンランドは出さない。「外国では~」と印籠をかざし、結局都合よく主張したいだけなのだ。タバコはいくらが妥当なのかという本質には触れようとしない。タバコを吸って寿命が縮まるならば、非喫煙者よりも年金や医療費を節約している彼らに逆に金を払ったらいかがだろうか?

2、マナー論、吸わない人に迷惑をかけるな
「俺の煙をただで吸っておいて文句を言うな」というのは暴言だが、喫煙者のマナーが悪いとは思えない。たばこ税のほんの一部を使って作られた狭い喫煙室に閉じ込められ、文句を言わず吸う彼らがいじらしくてならない。マナーの問題なら、マナー違反の輩への取り締まりを強化するのが筋だ。酒を例に出せば、飲酒運転、酔っての嘔吐、騒音が目につくから、酒の値段を上げて規制しましょうといってるようなものなのだが、タバコに関してはこの理不尽な論法がまかり通るらしい。副流煙よりよっぽど飲酒運転や電車でのゲロ、騒音のほうが有害だと思うのだが、酒には寛容な日本ではそれらは迷惑ではないらしい。オリンピックで訪れる諸外国の方に、酔っ払いの姿を見せるほうがよっぽど恥だと私は考えるのだが・・・
酒を例にあげたが、他にも規制すべき対象はいくらでもあると思う。性病をばら撒く風俗店、コンビニに無造作に置かれているエロ本、駅前の景観を損ねて騒音を出すパチンコ、喫煙所でおとなしくしている喫煙者よりもよっぽど見た目が悪く、他人に迷惑をかけているように思えてならない。

3、その他論点
タバコを吸わせない権利ばかりが主張されるが、タバコを吸う権利も当然ある。
タバコを吸う権利を侵害するわけだから、喫煙者にその分金銭的補填をすることも可能である。

タバコがそんなに怖いなら喫煙者から税金で搾り取ることばかり考えず禁止にしてしまえばどうだろうか。
アル中の危険がある酒も、肥満と中毒性が高いチョコレートやジャンクフード、コーラも同様に禁止にしたらどうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tihoufree

Author:tihoufree

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
麻雀ブログへ
カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。