スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅うち編  豊橋

18切符があるかぎり、いくらでもフリー雀荘を回ることは可能です。
雀サク+旅行した感じでは、愛知は雀荘が充実してますが、三重、岐阜あたりまでいくと、
途端に雀荘過疎地帯になります。
そして、大阪、京都にまた雀荘が溢れている。

今回は旅うちin豊橋
女性店員が1人もいなかった新感覚のギャル雀、「フレンド」に行ってきました
着順2234
途中、雀荘慣れしていない若者との同卓になりました。
こういう人にはアルティマのほうが点棒をきちんとしまわなくても反応するので楽でしょうね。

慣れているので当たり前になってしまいましたが、初心者にフリーはハードルが高いものに改めて感じました。
点棒の色による分け(点の数でわかる昔のタイプのほうがわかりやすい、色と数字の両方で示せばどうか?)、
6枚切り、リーチ後手牌にツモ牌をつけないこと、山を前に出さない等のマナーへの注意。
落ち着いた卓だったのでよかったですが、厳しい人も多いと思います。

他人のマナーに厳しい人ほど、執拗な小手返し、壁打ち、舌打ちをしているものです。
明文化されているマナーだけ守ればいいというわけではないでしょう。
以前、上ヅモを私がツモるときに下の牌がずれてしまうのを注意されたことがあります。
下の牌がズレたからといって何の問題があるのでしょうか?

麻雀をする人は少なくなっていると聞きます。
大学生でフリーデビューする人たちは貴重なのです。
慣れていないのは手つきを見ればわかることなのですから、
寛容な気持ちで教えてあげましょう。
(店員が同卓するか後ろで見るのが望ましいです)
スポンサーサイト

大学 受験 麻雀

高校1年のとき、気まぐれで将棋部に入った。
すぐにやめてしまったが1回だけ大会に出場した。
上位は気持ちのいいくらい高偏差値の学校で占められていた。

将棋は頭脳ゲーム。
麻雀も頭脳ゲーム。
当然、麻雀で強くなりたかったら頭のいい大学を選ぶべきだ。
また、偏差値の高い大学は概ね立地が良い。

早稲田、慶應は学生街のど真ん中にある。
高田馬場、日吉、池袋は雀荘が充実している。

北大、阪大、東大ならば寮に入れ。
一日中麻雀を打てる環境が整っている。
(北海道はピン雀が中心だから大学生には厳しいかもしれない)

筑波に雀荘はない、理科大も葛飾、運河がキャンパスだと厳しい。
関西の大学はほとんど知り合いがいないので不明。

麻雀は時間がかかる。
できるだけ暇な大学が良い。
自由に時間割を組める文系が良いだろう。

結論:
フリーで打つなら大都市、特に関東が最強。
早慶文系が麻雀を打つには最も適する環境。
寮に入ることで24時間打つことも可能になるが、理系は留年する可能性も出てくる。




旅打ち 仙台 名古屋

一店目 名古屋マーチャオ
着順223

一人嫌いなタイプの爺がいた。
ポンやロンを他人が発声する度に、「はい」と発声する。
(自分が振り込んだときだけでよくないか?)
符計算を高めで申告したり、出す点数を誤魔化す。
(故意ではないのかもしれないが、かなり打てる人だと思うので、どうしても目についた。
この手の間違いをする人は概ね自分に有利になる間違いしかしないものだ。)


二点目 仙台55ハウス
着順:徹夜だったので覚えていないが、10半チャンほど打って、ラス1回、3着2回、残りは連帯。

地域最安値を謳う店。
点3は300円、点5は350円(どちらもトップ賞100円)
点5に関しては確かに安いが問題が1つあった。
50000点終了(コールド)
えっ55ハウスなのに5万点終了なの(苦笑)
その日は自分がツイていたからよかったものの、これはくそルールすぎる。
親12000上がり→親リーチ(子の追っかけ)→親12000の上がり(リーチ棒と一本場で13300)→ラストー

地方に行くとチェーン店の雀荘しか営業していないところもある。
(さん、リオ、ブルしかまともに営業していない地域も多い)
今はまだ、天鳳などネットやゲームの影響のためか赤5入りルールの店が主流だが、
10年後、20年後には、3ピンにドラ2枚のルールへと移行していくのではないか。
個人営業の店に頑張ってほしい。

雀鬼流

同じ人が正しいことと間違っていること、良いことと悪いことを言ったとき、
個別の論点においてその人を判断することは難しい。

大概は、間違った面を取りあげて、その人を馬鹿だと感じてしまう。

「雀鬼流」
麻雀を打つものならば一度は聞いたことがあるだろう。
一打目の字牌切りを禁じ、責任を持った打牌を心がける。
基本打牌は一秒で大声発生と姿勢を正した麻雀を打つ。
少しかじるだけでは非効率で意味のない流派に思える。

ところで、最近の近代麻雀にはDVDが付録でついているのだが、プロに混じって二人の雀鬼流の打ち手がいる。
サイバーエイジェント藤田とインスタントジョンソンのじゃいだ。
彼らが弱いのかといったらけっしてそんなことはなく、ノータイムで押すじゃいの打ち方は非常にカッコよい。
ノータイムで打牌するということは、打牌のニュアンスを出さないことにつながる。
他者にしてみれば、じゃいがテンパイかどうなのかを推測しにくくなり、結果としてベタオリすら難しくなるのだ。
また、一打目に字牌を切らないことで守備力は高くなるだろうし、初対面の相手からは手のスピードを読まれにくくなる。
ドラを最後まで打たないことで打点の上昇につながり、また、他人にとっては威圧感のあるリーチになる。
今のデジタルから見れば無駄の多いうち方に思えることも多いが、デジタルが一般的でなかったとき、
雀鬼流で打つことは実は「理」にかなった方法だったのかもしれない。

10年前のデジタルセオリーが今のセオリーに取って代わられるように、
今信じていることが全部正しいと思うことは偏見であり驕りである。
一方で、10年前から雀鬼流は雀鬼流であり、とってかわるものはない。
雀鬼流こそ本流であり、正統なうち方といっても過言ではないのだ。

私がおかしな記事を書いたからといって、他の記事まで意味ないもので、
私の人間性を疑うようなことはやめてほしい。

旅打ち 磐田

フリー雀荘で打つ人たちは、1ゲームおおよそ600円のゲーム代を払い、
ましてやゲームに負ければさらにお金を払うという、なんとも搾取される存在です。
「まぁー店が勝つようにできてるからなぁー」
なんて自虐的に愚痴ります。
搾取されていることに自覚的であることも、どうしようもないですね。

そんな僕にも朗報がありまして、前回旅打ちに行った店では次回来店時に5ゲームの無料券をくれたのです。
5ゲームで終われば平均着順2,5でトントン。
ブラックジャックに勝るとも劣らない高パフォーマンスを発揮できるのです。
これはいくしかありません。
再来店です。

結果
4444(平均着順4)
チップもたっぷり抜かれたので5ゲーム目を開始する前に種切れです。
前回はめくり合いに勝てない印象でしたが、今回はめくりあうまでもなく、
テンパイ牌が当たり牌になってしまいました。
ゴミクソ欠陥運ゲー

ブックオフで「雀鬼サマへの道」を購入しました。

旅うち 静岡

タイトルの通りブログ名を変更したほうがよいかもしれません。
18切符を利用して、入ったことがないフリー雀荘に行ってきました。
所謂旅打ち編です。

1軒目ピンワンツー面前祝儀500円あがり連荘
着順222234

2軒目ピンワンスリーのさんルール
着順144
さんルールはカンできる状態ならば概ね皆がカンします。
したがって面前型が有利なのは間違いないでしょう。
また、赤が3ピン二枚になることで鳴きの打点が低くなりやすいです。
すると鳴き仕掛けを軽視しがちですが、自分の打点も低くなるのでリードされると逆転しずらく、
それなりに鳴きもケアするほうがよいかもしれません。
ノーケアで振りすぎました。
面前祝儀のルールでは、面前攻撃型が強いと思っているのですが、
さんルールでは面前守備型が強いのかもしれません。

赤が3に入ることで、普通のルールに比べてチャンタ系の手が強くなり、赤5がなくなることで打点が下がるのは好きです。
しかし55000点終了は弁護のしようのないくそルールですね。
親の跳ツモからの親満出上がりでゲームが終わりますから。
東場でゲームが終わったときはゲーム代を半額にしてもらいたいくらいです。
また、3ピンの暗カンで3000オールなのもひどいルール。
赤5が始めて導入されたときの人たちも同じようなことを思ったのでしょうか。

チェックや見せ牌、腰牌がないのは私は賛成のルール。
ルールやマナーについては思うところがあるので、他の機会に記事にしようと思います。

赤5切りリーチに対する裏筋の危険度

赤578m78s 残り出来メンツ
この形に一枚入れてリーチがかかった時、裏筋の危険度は相当高い。

「入り目かもしれないから2分の1で勝負」
いいえ、2分の1ではありません。
両面両面のシャンテンを想定するならば、6-9mは2分の1よりさらに当たりやすいのです。

冒頭の牌姿への有効牌は言うまでもなく6m、9m、6s、9sである。
このうち6mが入ったならば8m切りのリーチを打つのが自然である。
したがって、赤5m切りのリーチがかかるということは6mが入り目とは考えにくい。
入り目は9m、6s、9sであり、6-9万が当たる確率は3分の2である。
(実際は、1-4mの可能性、赤5切り引っ掛け、愚形、くっつき等あるので3分の2も当たるわけないが
あくまで、冒頭牌姿のシャンテンの場合である)

意外と勘違いしている人も多いのでは?と思い記事にしたのだが、
既に他の本に書かれているようならば申し訳ない。
(魔人本に書いてありそうだが、記憶が定かではない)
1-4mが否定され、6-9mが入りにくそうであれば一点で読む材料にはなる。

麻雀で勝ちたいならサウナと水風呂に入れ

「麻雀強くなりたかったらサウナと水風呂だよ」
以前通っていたテンゴのフリー雀荘メンバーA(推定50代)の言葉だ。
(テンゴ面前祝儀チップ200円ワンツー)

場末のメンバー、そして年代にしては麻雀が古臭くなく、非常に強い人だった。
チートイツが嫌いでスリーヘッドの配牌から223の2を先切りするのが印象に残っている。
こういううち方をされると序盤のまたぎ牌が切りづらく、リーチに対してシャンテンで押し返しずらかった。
また、いつでも先切りするわけではなく、タンピン形のときは厚く223の形で最後まで持っていた。
本手で押さえつけやすくなるのは、ツモの確率を高め、面前祝儀の比率が高いルールだとなるほど有効かもしれない。
地方フリーでは常連と打つことが多いので、イメージ戦略が相対的にきくのかもしれない。

そんな彼が提唱する、雀力向上法はサウナと水風呂だ。
8981eb97b708e602de5f00466e35da7a.jpg

天牌屈指の打ち手である黒沢もサウナ生活をしていた。(画像は隆)
サウナと水風呂の温度差は血管を刺激して健康によい。
イチローが毎昼カレーを食べるように全て勝負事はコンディションに左右される。
また、温度差=緩急と捉えれば、自然、麻雀に通ずる摂理である。
ベストなコンディションでなければ打牌は鈍る、自分が打ててないと思ったとき、
疲れたと思ったとき、サウナに入っていれば眠気がサインとなって私に教えてくれるだろう。

きれいな体でギャンブルすれば負けるわけがない(くりぃむしちゅー有田)。

4連休、スーパー銭湯に行ってから麻雀を打ってこようと思う。

プロとアマ

どの世界にもプロと呼ばれる人がいる。
これはもちろん、数多くのアマチュアとの対比で用いられ、
「強い」「妥協のない」「職人肌」といった確定しないさまざまなイメージを伴っているが、
おしなべていえることはプロ>アマの構造がそこにはあるということだ。

もうひとつプロという言葉を考えるならば、その競技、領域を生業とし、金を稼ぐことだ。
文を書くことも、将棋を指すことも、ルールが分かれば誰にでもできることだ。
誰にでもできることで金を稼いだ瞬間から、ある者は文筆家、ある者は棋士と呼ばれるようになる。
特異な例として金を賭けて将棋を指す真剣師という存在があるが、彼らは棋士との対比でアマ呼ばわりされるが、その他大勢のアマチュアの中ではプロと呼ぶが自然であろう。

では、プロ雀士はプロなのか。
プロ雀士の平均を取ればアマチュアよりも腕はたつのだろうが、中にはヘボも紛れ込んでいる。
相撲や将棋のように、99,9%の素人を圧倒する存在には到底思えない。
(麻雀という競技の性質上ありえないことを承知の上で書いている)
さらに、こちらは重要な論点だと考えるが、プロ雀士の多くは専業で生計を立てていけない。
金を稼ぐどころか、プロとしての「登録料」を毎年収めるのがプロ雀士だ。
金を稼ぐという論点だけ見れば、雀荘のメンバーのほうが純粋にプロなのではないか。
また、プロ雀士は雀荘メンバーを「兼業」する場合が多いときく。
プロ活動ではないところで、彼らをプロたらしめているとすれば、これは皮肉な話である。

天牌

床屋に行けばこち亀とゴルゴ13があるように、
雀荘にいけば天牌と打姫オバカミーコがある。

こち亀は角刈りにする参考になり、
オバカミーコ(特に1~4)は打牌の参考になる。
そして天牌は私達に麻雀との向き合い方を教えてくれる。
真摯に麻雀に向き合う雀士は、必然、天牌を読むことになるだろう。

レートは?と聞かれれば
「デカリャンピンノワンスリーまで・・・」と答え
ツモスーをあがれば
「8本16本・・・」とチートイツに誤解させる。
ヤカラと打つ際には取得必須の煽りなので未読の人は是非読んでいただきたい。

外伝もあわせれば100冊を超える漫画なのに、どこから読んでも面白い。
そんな私は今日も「天牌についてあれこれ語るブログ」を楽しく拝見させていただいていたのだが、
管理人様のご配慮でこのページへのリンクを張っていただいたのを先ほど確認した。
できて間もない当ブログにリンクを張っていただけるとはまことに光栄だ。
感謝の気持ちは、必然、天牌について紹介する記事となった。
プロフィール

tihoufree

Author:tihoufree

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
麻雀ブログへ
カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。